CONTACT

COLUMN

相談事例(労災保険) 役員(取締役)は労災の対象となりますか?

Pocket

 

Q 当社では、「取締役だけど現場で仕事をする者」が2名います。2名ともケガをするリスクがありますが、通勤や仕事でケガをした場合、この2名は労災保険の対象となりますか?

 

 

A 原則は対象となりませんが、「兼務役員」なら労災の対象となります。

 

兼務役員とは、「役員の立場と従業員の立場、両方を有している人」です。中小企業にはけっこう多いです。

 

ハローワークに兼務役員の届出をして、認定されると「兼務役員」となります。会社が「この人は兼務役員だから」と言うだけでは、兼務役員とはなりません。

 

兼務役員の認定がされていれば、労災保険の対象となります。

 

なお、兼務役員に該当しない人(純粋な役員や社長)を労災対象にしたいなら、

 

①会社全体で「労働保険事務組合(たくさん種類があります)」に加入する
②その人を「特別加入」していただく(労災保険料も発生)

 

という手続きを踏めば、労災の対象となります。

 

 

 


 

 

顧問契約のご依頼・ご相談は、ここをクリック

↓ ↓ ↓

 

見積請求、その他ご質問は、「問い合わせフォーム」か、お電話でお問い合わせください。

 


C&Pいずみ社会保険労務士法人
代表社員/社会保険労務士/行政書士 泉正道
兵庫県姫路市北条宮の町287-6 ANGELO北条703号

 

当社メインサイトはコチラ

 

ARCHIVE
新着COLUMN 人気記事
CATEGORY
KEY WORD
CONTACTお問い合わせはこちら