CONTACT

COLUMN

2022.7.28YouTube 歯科医院は「いい子症候群の若者」とどう接するべきか?

Pocket

 

おはようございます!
社労士・行政書士の泉です。

 

本日配信YouTube
【歯科医院は「いい子症候群の若者」とどう接するべきか?】

 

 

< 近況 >
・沖縄行きをやめました

 

< 音声まとめ >
・「社会人経験ほぼゼロ、歯科業界経験ゼロ」の新人への接し方
・基本的に【 おもてなし 】の精神がないとすぐに辞める
・トップが大袈裟におもてなしをする必要はないが、教育担当者や先輩は、新人を「お客さん」扱いしたほうが良い

 

・「当院はハイレベルを目指す」のであれば、丁寧に扱いながらも、求めるレベルを下げる必要はない
(代わりにしっかりと教育を。パワハラ発言に注意して、指導は丁寧に)

 

・最近買った書籍「先生、どうか皆の前でほめないで下さい: いい子症候群の若者たち」 金間 大介さん (著)

 

●Amazon公式サイトから一部引用
ほめられたくない、目立ちたくない、埋もれていたい……。今、こんな若者が激増している。

 

 

「分からなくなったら、いつでも聞いて」の罠

 

上司が新入社員にひととおりのやり方を教えた上で、
「分からなくなったら、いつでも聞いて」と言い残し、ある業務を任せた。

 

もちろん、ちょっと教えただけですべてサラサラとできる業務ではない。
しかし、彼らは一向に質問に現れない・・・・なぜか?

 

任せた業務の期限が近づく。
しびれを切らして席を立ち、上司は下記のような言葉を伝えた。

 

「なぜすぐに質問に来ないんだい?貴重な時間を無駄にしてはいけないよ」
「君たちはできなくて当たり前なんだから、どんなことでも聞けばいいんだよ」

 

これに対して、いい子症候群のリアクションは、次のうちのどちらかになる。

 

リアクション①
次からあらゆることを聞きに来る(だってそう指示されたから)

 

リアクション②
やっぱり何も聞きに来ない(だって質問の仕方に関する例題を授かってないから)

 

ここには、現代の若者たちの「行動の三原則」が働いている。

 

1:提示された例題はものすごく参考にする
2:例題の提示がなければ基本、何もできない(しない)
3:よって、参考とすべき例題の提示を強く望む

 

質問に現れなかった理由は、「質問の仕方に関する例題を示してもらっていない」から。。。。

 

※参考
【 目次情報(抜粋) 】
第1章 先生、どうか皆の前でほめないで下さい–目立ちたくない若者たち
第2章 成功した人もしない人も平等にして下さい–理想はどんな時でも均等分配
第3章 自分の提案が採用されるのが怖いです–自分で決められない若者たち
第4章 浮いたらどうしようといつも考えてます–保険に保険をかける人間関係
第5章 就職活動でも発揮されるいい子症候群–ひたすら安定を求めて
第6章 頼まれたら全然やるんですけどね–社会貢献へのゆがんだ憧れ
第7章 自分にはそんな能力はないので–どこまでも自分に自信のない若者たち
第8章 指示を待ってただけなんですけど–若者たちの間に広がる学歴社会志向とコネ志向
第9章 他人の足を引っ張る日本人–若者たちが育った社会
第10章 いい子症候群の若者たちへ–環境を変える、自分を変える

 

今日の話は以上です。
スタッフとのトラブル回避、助成金、補助金でお困りの方は、ぜひ当社にご相談ください。

 

 


顧問契約のご依頼・ご相談は、ここをクリック

↓ ↓ ↓

 

見積請求、その他ご質問は、「問い合わせフォーム」か、お電話でお問い合わせください。

 


C&Pいずみ社会保険労務士法人
代表社員/社会保険労務士/行政書士 泉正道
兵庫県姫路市北条宮の町287-6 ANGELO北条703号

 

当社メインサイトはコチラ

ARCHIVE
新着COLUMN 人気記事
CATEGORY
KEY WORD
CONTACTお問い合わせはこちら